10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セント・グレゴリースパ

この新しいカテゴリに今後出番はあるのか。取りあえず「ぐるめ」と韻を踏んでみたんだよぅ。 そんなワケで人生初エステ(スパだけど)に挑んできました。セルライト除去で有名な「セント・グレゴリースパ」



ラフォーレ原宿内にあるこのスパは、シンガポールの有名スパの日本1号店らしい。私は雑誌の体験レポで「セルライトを落とすスパ」として知ったのだ。そのレポによると、それはそれはちょーーうイタイのだが、足首と太ももがマイナス1cmだったとか。
座り仕事で重度の冷え性の私はセルライト(※血液・リンパの老廃物の塊)が溜まりに溜まっているハズ!多少痛かろうとも、ここは一丁、気合入れてガッツリ退治してもらおう! 

ラフォーレの雰囲気とは一線を画す重厚な木の扉を開くと、アジアンテイスト満点かつとっても「高そー!」な雰囲気、え?ラグジュアリーって言うの?そーいう受付+カウンセリングスペースが広がってます。 ハイビスカス&ローズヒップティーをいただきつつ、問診表(笑)に記入、そしてカウンセリング。私は冷えとむくみが気になる事と、やはりセルライト除去に挑戦したい旨を話す。セルライト除去は、とーっても痛いそうだけど痛ければ途中で別のマッサージに変えられる、というので一安心。夏のシーズンメニューにある「デトックス&スリミング」125分=3万を注文。(でとっくすって何……)すごい!思い切ったよ私!やるときゃやる! 説明によると、Dead Seasalt Bath(25分)→Massage(80分)→Herb Tent(20分)とのこと。よく分からんがそれで!!


まずは、更衣室へ。ちなみに全然人がいない。(というか、この後も一人にしか会わない。制限してるのね)ここでバスローブと紙パンツにはきかえねばなりません。化粧して風呂に入るのが嫌いなので、私はここでメイクも軽く落とした。コットンとローション、クレンジングのみ置いてあります。

こちらにどうぞ、と自動ドアが開くと……うぉっ!これがウワサのラグジュアリーでセレブ気分とやらの空間だな!間接照明の施された通路にハーブの名が冠された小部屋が並び、ガラスの壁を水が伝い水のカーテンみたいになってる。うーん、すごい。私の人生には出てこなかった眺めだ。


■Dead Seasalt Bath(25分)
案内されたのは変形バス。え?ここで風呂に浸かって25分待てと? さすがにちょっと緊張ぎみだったのだが、しょっぱなから風呂に置いていかれて、拍子抜けというか所在なげというか、困惑ぎみの私。 もちろん担当のセラピストさんは、とっても丁寧に落ち着かぬ私に説明してくれます。
バスタブは半身浴対応らしく浅くてフチにはバラなどお花がちょこちょこ置いてある。また小鉢に塩が入っていて「こちらと同量の塩が既にバスに入っておりますが、お好みで足してください」……お好みで、と言われても普段風呂に塩など入れないので好みなどない(苦笑) 発汗作用を促すのだろうから全部入れちまえ!と全てを投入。(←適当)「こんなに高いのに風呂に入ってるだけで25分かぁ、そんなら家で入ってくるよ」とちょっと持ち前のビンボー根性が首をもたげかけましたが、全身マッサージの前には風呂で代謝を高めておくのは大事よね!と 段々内なる声が友人のR王さんっぽくなってきた自分に気付きます。手足のマッサージをしつつ時間をツブし、自分で腿をマッサージしてもすっごく痛いことに気付く。これは……プロにやられたら大変だぜぃ……一人青ざめる。


■Massage(80分)
さてさて、メインのマッサージ。個室に案内されて、ジンジャー入りのハーブティーが出てきます。美味しい。そしてローブを脱いでベッドに横に。担当さんはバスタオルを自分の眼前に広げて見えない(見ない?)ようにしてくれている間にうつぶせになり、そこにタオルを掛けてくれます。この後も、自分がハダカの時に担当さんが面と向かう事は決してなく、常に丁寧に隠してくれます。やっぱり風呂でもないとちょっと恥ずかしいし、そういう対応はリラックスに必要なんだよね、勉強になるなぁ。うつぶせたヘッドレストの下には水に浮かべたバラやグリーンがあり、これまた細かい。
まずは裏面から。おっ、耐えられそうか、も……
ぐっ!ぐおっっーーー!これは痛い!いーたーいーぞぉーー!!(味皇)
この水に浮かべた葉っぱは、痛みに翻弄される自身を水と小船に例えたものだったのかー!(勝手な推測) タオルの端を掴んだり、足の指をつっぱらせたりと痛みに耐えていると「痛いですよね……頑張ってください」と担当さんが優しく励ましてくれます。「そうさ……細くなるならこんな痛みくらいなんだ!」油汗を滲ませながら、右足、左足、腰、上半身と耐え抜きます。「片面終わりましたよ」と言われても、「まだ半分か……」と悲しくなりますが、上半身は痛くないしまぁなんとか耐えられるレベルです(苦笑) しゃべっていた方が私は紛れる気がして、途中からよく話し掛けてました。
マッサージオイルは客に合わせて調合。私の場合はホホバオイルに、ジュニパー、ローズマリー、ベルガモットを入れたもの。これは冷えとむくみ対応ってことなのね。
この後はハーブテントなんだけど、タイミングが合わなかったのか10分ほど用意にかかるので、マッサージかリラックスルームにいるか、との事でせっかくだからとさらに足裏マッサージを頼む。待ち時間マッサージとは思えぬ丁寧なマッサージで得した気分!


■Herb Tent(20分)
ハーブテントは一人掛けの椅子を布で覆った小さなスチームバスみたいなもので、椅子の下で11種類のハーブがぶくぶくと沸騰されているように見えました。ハーブ11種類といっても、匂いは全然気にならないし。500mlのペットボトル入るの水を渡され、中にいる間に頑張って飲んでみてくださいと言われる。全然ノド渇いてます!とさっさか飲む。10分ほどで気分は悪くないかと担当さんが様子見に。大丈夫でーすと答え、後半戦に入ると急にすっごい勢いで汗がダラダラ出てきた。ああ、なんか息苦しい……!思わずテントから顔を出して一呼吸。水も全部飲み切りました。


■リラックスルーム(無制限)
ラストはリラックスルームへ。目の前の壁を水が流れてて(マイナスイオン用?)、リンゴジュースベースの漢方が出される、うむウマイ。ハーブティーって普段全然飲まないけど、どれでも美味しいじゃないですか!今度から飲もうかと思ってしまう。アジアンなBGMと共に鳥の声がして亜熱帯気分ですが、時々ウグイスの声も混じっててオカシイ。ここは無制限で、好きなだけいてください、と解放されます。


■終わりに
次回からの割引券や友達紹介割引券をもらい、さっそくまた来る気になってるワタクシ。 他のところに行った事がないので、経費対効果とか相場とか全然分からないけど、あの雰囲気で「非日常を味わえる」代を含んでると思うと、高すぎとは思わないかな。結局終わったのは入店から3時間後だったし。今回は高いコースだったけど、セルライトは2万台もあるし、今度は背中美人(19000円)とかやってみたいな。


今回ここに行くにあたって検索したんだけど、あんまりレポがなかったし、友人たちにも報告するねー♪と宣言したので異常に細かく書いてみました。参考になるといいんですが。私の友人で行く人は要連絡!友達紹介割引がありやすぜ。

いったんですね!スパに!そのをとめっぷりに、ホント読んでで途中でR王さんかと思いましたよ笑。おもしろレポありがとです
術後の経過はどう?
な~んにもしないで痩せいいのになとも思うけどそれじゃあ病気か…

日本語がおかしいよ…
やせるまえにその辺なおすのが先かしら。
いろいろがんばりたいですね

いらっしゃいまし、あいとさん!
自分にしか分からないレベルで
腿と二の腕は細くなった気がするよん♪
つか、日本語間違えただけでそんなに
落ち込まないでくださいよ~
スパ、行くなら言ってねー*
Secret

プロフィール

サヴァ彦

  • Author:サヴァ彦
  • ぼんやり・黒髪・ハダシ・体育座り萌えのゴロー信者 にうすとたきつも好き ついったー始めました

サヴァ彦のつぶやき

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

02  01  09  06  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  07  06  05  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

最近のトラックバック

行動予定

最近の記事

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。